En la serie cómo SIM autoclave de sintonización|En la serie cómo SIM autoclave de sintonización

reactor tanque agitado: la reacción de alta presión, el reactor miniatura miniatura miniatura miniatura de reacciones de Hidrogenación, autoclave

Cuando

mini reactor en uso y en la desviación de la temperatura o el requisito de ensayo de temperatura muy precisos, o es el más antiguo de la sintonización de la diferencia de temperatura entre ± 50, a la temperatura de auto – tuning.Por favor, realiza las siguientes operaciones: |

| fijar la temperatura: según] – para seleccionar y fijar la temperatura, tales como el control de la precisión no es ideal para la sintonización, por ser la llave de la sintonización, desde el primero hasta el punto de temperatura de temperatura de uso, luego de controlar la vida a Bond cinco segundos, cuando en la esquina derecha descendente muestra instrumentos de control de temperatura digital puede ser libremente en destellos de luz, el instrumento a través de la calefacción y refrigeración de tres para el final, hasta que deje de parpadear la luz después de que el tuning ha terminado cuando la temperatura normal en control de ± 1 C, desde el proceso de ajuste Si quiere salir, mantenga pulsada la tecla (cinco segundos sin moverse hasta que la instrucción la luz es la salida.Desde el proceso de ajuste no puede ser vigilado, pero no hacer experimentos durante la creación, no puede cambiar el valor de la temperatura en el balón, porque su condición de instrumento, temperaturas superiores a la temperatura de la muestra problema, con el fin de evitar daños innecesarios.

EasyChem型反応器の仕事の原理|EasyChem型反応器の仕事の原理

EasyChem型反応器は私たちの新製品を、反応器は、反応釜体、釜カバー、攪拌システム、加熱システム、制御システムとホスト筐体構成。|

|反応釜体、釜の蓋構成デバイスの本体部分は、媒体反応の場所。全体的には全体の鍛造材料加工、釜体と釜の蓋の両者は6本(ボルト数は違う型番によって配合)均一分布のメインボルト組み立て緊密な。釜体と釜蓋の間に密封パッキンが入って、メインボルトとメインナットがそのカプセルを一体にする。釜体内円筒材料の違いによる反応媒質し316ステンレス、チタン材、哈氏合金などの材料。釜の蓋の上に圧力計、エアバルブ、針型弁など、保証できEasyChem高温高圧下の正常な操作。|

| EasyChem強い磁気回転攪拌反応器の基幹部品———ソフト駆動磁力カップリングは1種の利用の永久磁石で材料を磁力結合は撓み軸駆動伝動装置。これは私が磁力の結合の原理と柔らかいドライブ応用を反応釜の上の典型的な革新に応用することを応用する。磁力カプラ利用も惹かれあう磁石鋼透過ステンレスの原理、制作セット精緻で、小さく密封良好な筐体用ねじと釜を接続して一体になって、中間は金属ガスケットまたは非金属ガスケットの実現と釜を静シール、漏れ防止に効果的な。密閉カバー体の内外に永磁各材料で作ったローターローターで、小さい磁性鋼塊の構成の永久磁石リング磁石鋼塊N、S極は入り乱れて配列。マグネットで異性に吸って、同性同士相斥の特性、内外を通じて磁力マグネット作用軸と回転方向に相互位置決め。たわみ軸駆動回転時にアウターローターローターに従って、内剛作同期回転、内回転子は、カップリングを攪拌軸回転釜内に達し、攪拌目的。磁力を密封填カプラの構造を採用し、内外の磁気回転子用磁気密封カウリング体を貫いて伝えるトルクの新しいに連動して、釜内釜攪拌部品完全体静密封腔内部回転釜、体を徹底的に解決した外部、密封填漏れ問題を克服できない、反応媒体は絶対閉鎖状態の中無、漏れと汚染。モーターは反応撹拌の動力源で、ホスト内のガバガバナ。モーター固定本体ボックス内を通じ、カップリングを撓み軸回転、車軸再駆動磁力カプラ回転、磁力カップリングは、内外のローターの磁気作用、電機の発生のトルクを通じて密閉カバー体略式接触の伝達釜内回転駆動ミキサー旋。異なる反応媒体で異なる攪拌を選択し、釜内物質の作用を完全に攪拌。この技術は、モータとすべての帯電ラインがすべて埋められたが、低沸点気体蒸気またはガス爆発性による爆発危険性があるという。マグネチックスターラーウォータジャケットを保証するために、マグネチックスターラーの正常な運行が使用温度以上ひゃく℃の時にはウォータジャケットの間に達する通冷却水冷やす作用を確保するため、マグネチックスターラーの磁性材料は減磁。磁力カプラ使用単独の冷却水システム、冷却水の温度は5-50℃の間、厳禁冷却水を循環冷却管釜内に入る磁力カプラを防ぎ、要求の冷却効果に達しない。|

| EasyChemの加熱の仕事の原理は:電気ヒータ注入モジュール内に、加熱器は熱量を通じて更に均一モジュール伝来釜内釜内の物質を均一に熱を化学反応、保温材料を使うと無毒無汚染繊維材料、保温効果に優れ、省エネ・環境保護。|

| EasyChemの制御部分は高温高圧反応の特性による開発1項の専用制御プログラム、攪拌するの安定性と信頼性の高い、温度制御精度攪拌、温度、タイマー、アラーム、正回転など多種の制御モード。当今の実験室で小型反応器温度制御が正確で、警報、タイミングのない時代を克服しました。|

|いち.温度制御:常温~350℃で、鍵盤は整定モード。|

|に.攪拌制御:50-1200回転/分、正転と反転設定。|

|さん.タイマー:0-9999分/時間、到着時間後の温度と混ぜ自動停止作業では、定時運行タイミング恒温と2種類のモード、恒温タイミングは、到着EasyChem設定の必要の温度になってからまだカウントダウン、早めにカウントダウンを設定することができて、例えば:EasyChem必要の温度は150℃、EasyChem到着させる145℃からカウントダウン(早めにカウントダウンで設定できる偏差値)。運行タイミングは起動ボタンを押した後、タイミングが開始された。|

|よんしよ.警報:超温通報(設定できる超温偏差値)、定時時間注意警報、故障通報(攪拌故障や温度故障)、アラーム時加熱電源とモーター電源切断出力。|

|精緻な外観デザインを覆した伝統的な反応釜の操作方法は、合理的な耐震設計を保証したセットの仕事の平穏と高速運転、独特の放熱、低騒音設計を提供し、安全の科学研究の環境は静かで、研究者も安心して使用。

实验室反应釜,m字腿,苏m,m字额,m玲,辽m,女s男m,m系资源聚合,琢本有希,hnweishi.cn