赤軍は11日ぶりに再会した。-ravbin

紅軍281日ぶりにさよならアウェーゼロ封FIFAウイルスに殺さ克洛普かす叔-捜狐スポーツゲストの聖マリア球場はいい思い出、昨シーズンはここに来て、2対0としリヴァプール後半の場合、サウサンプトン後半3点に対してさえ、赤軍「>高清図:赤軍妖鋒とる衣を克洛普面殘念ながら雨の中狂吼克洛普ゲストの聖マリア球場はいい思い出、昨シーズンはここに来て、2対0としリヴァプール後半の場合、サウサンプトン後半3点に対してさえ、赤軍最終アウェー2 – 3れ、これも赤軍徴戦プレミアリーグ史上初の場合後半2対0とします。その試合は、後半の代わりに出場する馬内になったリヴァプールサウサンプトン反攻の先鋒選手、彼にボールをなくして進出で罰いちのPKが今、彼はすでに赤軍の「太もも」は、3500万ポンドの価格加盟アンフィールド、新シーズンは代表リヴァプールリーグプレミアに打ち込むろくボール。指摘しなければならないのは、馬の中の葉の葉があっているのがあります。指摘しなければならないのは、リヴァプールには他の選手がいますが、彼は大部隊について、それに従っているわけではありません。その原因はけがをしました。イングランドの3-0はスコットランドの世界の予選を圧勝しました。普段から直接FIFAウイルスに引いて、実は多くの選手リヴァプール隊にもこの試合日程の影響を受けて、例えば前線トライデント、馬内・フィルミノと库蒂尼奥もそうですが、前者アフリカへ蹴り世予選、後に飛んでブラジル両者南米代表出場世予選、フィルミノと库蒂尼奥に耐えるだけでなく、長旅である時差調整の問題。FIFAウイルスのため、リヴァプールの攻撃に深刻な影響を及ぼしています。馬の中でも、弦の葉を使っています。この3人の選手の本試合は、最高の状態ではありません。3人の選手はそれぞれ1回の葉を使った黄金のチャンスを無駄にしませんでした。リヴァプールアウェー耐え難いサウサンプトン、双方は最終的に1度白紙答案を引き分け。は1 – 1で水晶宮を得て、リヴァプールは一時ゴールの優勢をもって首位に立って、もし次のチェルシーが自慢することができるならば、それでは自慢のチームが首位に登ったならば、リヴァプールは目を開けて見ていたことがあります。でも、攻撃が不利なのは、リヴァプール後の防御線の表現です。第2回はリヴァプール本シーズン2回目でゼロになるが、最強の火力を持ったチームは、葉があっても負けていない。これに値するのは、今回の試合はゼロになっていても、リヴァプールでのリーグ戦は、1回で再びゼロの日に再びゼロになっていて、1回のリーグ戦は2月14日までさかのぼる。その時、リヴァプールの根本的な葉があります。(依頼)

红军时隔281天再见客场零封 FIFA病毒害死渣叔-搜狐体育克洛普做客圣玛丽球场,没有好的回忆,上赛季来到这里,利物浦半场2-0领先的情况下,被南安普顿下半场连扳三球,红军"> 高清图:红军妖锋掀衣捂面遗憾 克洛普雨中狂吼   克洛普做客圣玛丽球场,没有好的回忆,上赛季来到这里,利物浦半场2-0领先的情况下,被南安普顿下半场连扳三球,红军最终客场2-3落败,这也是红军征战英超联赛史上第一次半场2-0领先的情况下落败。那场比赛,半场替补出场的马内成为了南安普顿反攻利物浦的领军球员,他打入2球且罚丢1个点球,现如今他已经成为红军的“大腿”,以3500万英镑的价格加盟安菲尔德,新赛季已经代表利物浦在英超联赛中打入6球。需要指出的是,与马内反戈一击南安普顿的还有克莱因和洛夫伦。   需要指出的是,利物浦还有一名来自南安普顿的球员,但他并没有跟随大部队来到客场,原因是受伤了:英格兰3-0大胜苏格兰的世预赛中,拉拉纳破门后受伤离场,最终无缘这场战南安普顿的比赛。拉拉纳直接遭遇FIFA病毒,其实利物浦队内不少球员也都受到这种赛程的影响,譬如锋线三叉戟,马内、菲尔米诺和库蒂尼奥均是如此,前者前往非洲踢世预赛,后两者飞到南美代表巴西出战世预赛,菲尔米诺和库蒂尼奥不仅承受着长途跋涉,还有倒时差的问题。   正因为FIFA病毒,严重影响了利物浦的进攻,无论是马内,还是菲尔米诺和库蒂尼奥,这三名球员本场战南安普顿的比赛,均不在最佳状态,三名球员各浪费一次单刀的黄金机会。利物浦客场难耐南安普顿,双方最终交出一场白卷平局。由于曼城客场2-1险胜水晶宫,利物浦暂时以进球数优势暂居榜首,如果接下来切尔西能够击败米德尔斯堡,那么孔蒂的球队将登上榜首,利物浦只能眼睁睁的看着时隔916天登上榜首后,再次拱让给其他球队。不过,进攻不利,利物浦后防线表现还算不错。   客场0-0战平南安普顿,是利物浦本赛季第二场能够零封对手,但拥有最强火力的球队,继0-2负于伯恩利和0-0战平曼联后,第三次出现未能进球的比赛。值得一提的是,本场比赛零封,也是利物浦英超联赛客场时隔281天再度零封,上一次英超联赛客场零封还要追溯到2月14日,当时利物浦客场6-0血洗阿斯顿维拉的比赛中,克洛普带队完成零封。   (小托)相关的主题文章: