ブリッジに2018アジア大会競技や割普及好機-w32dasm

ブリッジは2018年08月18日- 2018年09月02日にインドネシアジャカルタで開催され、今回のアジア大会での大きなハイライトは、初の公式試合となった。ジャカルタはインドネシアで2度目のアジア大会主催権を取得した首都都市で、1962年に第4回アジア大会大会を開催したことがあります。ジャカルタアジア大会のよんじゅう競技プロジェクトなど、32オリンピック種目とはち非奥プロジェクト。2012年じゅういち月はち日、第31回OCA代表大会で、ベトナム河内をインドネシア第二大都市泗水市獲得第じゅうはち回アジア競技大会の開催が決定し、が、資金やイベント会場建設問題を放棄せざるを得ない開催権を主催することによって、決インドネシア第一の大都市ジャカルタ。2016年9月25日、亜奥理事会と2018ジャカルタアジア大会委員会は最終的に第18回アジア大会大会の正式な試合プロジェクトを決定した。その2年前きゅう、く月開催のアジアオリンピック評議会仁川全体の代表大会で、ジャカルタ帝国は組織委員会が提出した37種目を当初案、すなわち28のオリンピックの種目に加えて野球、ソフトボール、ボーリング、カバディ、セパタクロー、スカッシュ、武術、クリケットや空手。今では野球がオリンピックに戻るにつれて、国際オリンピック委員会は、空手、ロックロック、ボード、サーフィン、オリンピックプロジェクトは最初の28競技から33競技に増加しました。その中の1つのオリンピックのプロジェクトは競技場のためのことがありません。注目度はいつもブリッジの致命的な傷である。「ブリッジはかわいそう」というスポーツであり、さらに高齢化したが、今回のブリッジはアジア大会公式試合としてブリッジの普及に貢献できるようになった。ブリッジファンは、このきっかけをきっかけに、ブリッジ「圏の人」に対して積極的な影響を与え、さらに圏外へ拡大し、良い循環への役割を果たすことを願っています。昨年のサッカーカップ前後の多国籍選手が記録されたカンニング事件は、かつてブリッジという動きに大きなマイナス影響をもたらした。このような行為は今回のアジア大会で発生し、アジア大会委員会の前で困難な問題にもなっていた。  (马洁)

桥牌成为2018亚运会比赛项目 或成推广良机 桥牌首次进入亚运会   新浪体育讯  第18届亚洲运动会于2018年08月18日-2018年09月02日在印尼雅加达举行,本届亚运会上的一大亮点则是桥牌首次成为正式比赛项目。   雅加达是印尼第二次取得亚运会主办权的首都城市,曾于1962年举办第4届亚运会。雅加达亚运会设40项比赛项目,包括32个奥运项目和8个非奥项目。 2012年11月8日,第31次OCA代表大会上,越南河内击败印度尼西亚第二大城市泗水市获得第18届亚运会举办权,但因资金和场地建设问题不得不放弃举办权,从而主办地定在了印尼第一大城市雅加达。   2016年9月25日,亚奥理事会与2018雅加达亚运会组委会最终确定了第18届亚运会的正式比赛项目。在此两年前9月份仁川举行的亚奥理事会全体代表大会上,雅加达亚组委曾提出过一个37个比赛项目的最初方案,即28个奥运会项目加上棒球、垒球、保龄球、卡巴迪、藤球、壁球、武术、板球和空手道。如今随着棒垒球重返奥运,国际奥委会又新增了空手道、攀岩、滑板和冲浪,使奥运项目从原先的28个大项增加至33个大项,其中一个奥运项目应场地的缘故无缘 2018年亚运会:无缘2018年亚运会的奥运项目是冲浪,但亚奥理事会执委会认为还应加上桥牌,以进一步适应未来亚运会的发展方向。   关注度一直是桥牌的致命伤。桥牌是个小得可怜的”运动“,而且极度老龄化,而此次桥牌被列为亚运会正式比赛项目可以为桥牌的推广普及做出贡献。桥牌爱好者希望借此契机先对桥牌“圈内人士”产生积极影响,进而使其扩展到圈外,起到良性循环的作用。   去年在百慕大杯前后多国选手被曝出的作弊事件曾一度给桥牌这项运动带来巨大负面影响,如何杜绝此类行为在本次亚运会中发生,也成为亚运组委会面前艰巨的难题。   (马洁)相关的主题文章: